FC2ブログ

とう歩日記

日々のこと、将棋のこと、猫のことなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ごめん、お土産忘れた

昨日大阪から帰ってきました。26日の夜9時に東京から出発して、27日の5時くらいに大阪に着きました。予想通り一睡もできずフラつきながら朝9時ごろに会場入り(3時間以上近くのマクドナルドで粘りました)。一日目は団体戦で、途中対局中に鼻血がどくどく出て貧血状態になりましたが、逆に(?)頭が冴えて全勝。チームとしても勝ち越しました。全対局を消化後予約していたホテルに荷物を置き、ご飯を食べに出たものの、入ったお好み焼き屋さんが失敗でやや気分悪し。ホテルに帰って明日に備えて寝ようと思いましたが、頭が冴えて全く眠れませんでした。まあ2徹くらい大したことないかと思いましたが、そう甘くなく、残念な結果に・・・。悲しいかな、時間が腐るほど余ったので関西将棋会館に行ってみました。千駄ヶ谷の将棋会館に比べて小さめでしたが、アットホームな雰囲気で良かったです。で、帰りはやはり夜行で、3徹を達成致しました。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/30(金) 22:42:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夜行は足が辛くなる

団体戦に出るため夜行バスに乗って大阪に行ってきます。対局よりも向こうでおいしいものを食べるのが楽しみです。
  1. 2012/03/26(月) 17:27:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「どうぞ」っていうタイミングが難しい

優先席。電車でもバスでもありますが、変だと思うのは私だけでしょうか。「優先席では、お年寄りやおからだの不自由な方に席をお譲り下さい。」というアナウンスを聞くたびに少し嫌な気分になります。優先席じゃなくても譲れよと思います。何かの本で、外国の方が優先席を見て信じられない、というような事を言ったというのを見ましたが、まさにその通りだと思います。全席優先席の電車がありますが、それ以外の電車でも全席優先席の精神で行きましょう。
  1. 2012/03/24(土) 23:34:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ウルトラマンって今やってんの?

昨日は絹ごし先生のお宅で兄弟子で、攻め将棋で有名な大豆七段と対局。終了後にとう歩一家、絹ごし先生ご夫妻、大豆先生と中華料理屋さんの銀座アスターへ(絹ごし先生はアスター銀座って言ってましたが)。大豆先生のお子さんは五歳で、仮面ライダーが大好きとの事。それとマクドナルドについて「子どもと行って、たまにハッピーセットでおもちゃが品切れしてたりするけど、あれ困るんだよね」と不満を漏らしておりました。
  1. 2012/03/22(木) 11:53:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルセーヌ・サスケ


我が家にほぼ居候状態の野良猫です。推定3歳で、多分メスですがサスケとかサスちゃんとかアルセーヌとか呼ばれています。ある日我が家に入ってきて、ご飯を食べて寝るようになりました。始めのうちは遠慮がちだったのが、今ではお腹を出してバンザイのポーズで寝ています。
  1. 2012/03/18(日) 21:44:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

100人越え万歳


古本屋さんで何となく日本語検定の問題集を取って見たところ、以下の文で間違っている表現はどこか、という問題で、将棋を打つ(正解は指す)の例文を発見。日本語検定2級だそうです。古本屋の後に有隣堂にてNHK将棋講座を購入。4月からスタートする新番組「将棋フォーカス』のことについて書いてありました。司会はタレントのつるの剛士さんと、以前にNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』(←将棋界にスポットを当てた作品、三倉茉奈、佳奈の出世作)の主人公役を務めた岩崎ひろみさんです。新講座の「野月浩貴のイチ押し初級アカデミー」でも野月七段と2人の息の合った講座を見ることができそうです。
  1. 2012/03/16(金) 21:45:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暇で筋トレしてたら、足がつった

ホワイトデーフェアとかいって駅前で高っいチョコレート売ってるのを見たりすると、商売上手いなあ、などと思ったりします。皆様御存じの通り私はたいしてモテませんが(あれ、目にゴミが入って前がよく見えないぞ)、「気の毒だから浮世の義理でやるよ」ということで幾つか頂きます。憐みを受けているにも拘らず、「来月メンドくさ」「3倍返し?ハア??」等と思っている訳です。ただ、3倍返しって金利高すぎやしませんか?100円のを頂いたら来月には300円にして返す、この位ならあまり高いなぁとは思いませんが、1000円くらいのを頂いた場合は来月3000円なんですよ。2000円ですよ2000yen。大体20ドル位ですよ。それだけあればけっこういいもん食べられると思いますよ・・・と、ここまで書いたところで私が持てない理由が自分でなんとなく分かりました。もう少し大きい人間になれるよう頑張ります・・・
  1. 2012/03/15(木) 00:26:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高橋先生リスペクト

棋士が最も強い時期は25歳前後だと言われます。40歳を境に力が衰え始め、50を過ぎるとガクンといきます。かつて最強と呼ばれたような棋士が60を過ぎると、伸び盛りな若手棋士の餌になってしまうことも珍しくありません。そんな中、51歳の高橋道雄九段がA級順位戦(トップ棋士10人の最強リーグ)に残留し続けているのは流石の一言。(ちなみに、加藤一二三九段、有吉道夫九段は60歳で、故大山康晴一五世名人は69歳で亡くなるまでA級に在位していました)高橋先生はタイトルも獲得したことのある名棋士で、、「自分は才能がないから努力するしかない」、「ただ長引かせるような手を指すことは死んでもやらない」、「私ね、AKB48のメンバー全員言えるんですよ」、「二次元最高」等、数々の名言を残しています。若手の台東が目立つ最近の将棋界、高橋先生には是非とも頑張っていただきたいです。
  1. 2012/03/13(火) 23:36:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

二上先生リスペクト

最近二上(達也九段)先生の『将棋魔方陣』という詰将棋の本を読んでいます。実践形(名前の通り、実践で出てきそうな問題)とは程遠い難問が多く、一つ解くのに3日かかるようなものもあります。あんなのを何題も作る二上先生や他の詰将棋作家の方々はちょっと頭がおかしいんじゃないか素晴らしい天才だと思います。それにしても難すぎで頭痛い・・・
  1. 2012/03/12(月) 22:50:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こんなことで葛藤して神経を擦り減らす私は小物だと思う

とりあえずお手洗いで一人作戦会議をした結果、中村(仮)の手を借りることとしました。携帯に「女性の名前が思い出せない、ヘルプ!」と打ち込みお手洗いから出ました。後はいかにこれを彼に自然に見せるかです。喋りながらも頭はこのことでいっぱい。ネコの写真と言って携帯を彼に見せようかと思いましたが、恐らくボブ氏も見てくるだろうと思い断念。良案が思いつかぬまま次の電車が到着。もう知ってる振りでやり過ごすか、と思い始めた時にチャンス到来。ベンチから黄色い線に移動する際に隙ができたのです。素早く中村君の肩をちょんちょんと小突き、パパッと携帯を見せました。一瞬怪訝な顔をしたあと、ああ、という顔になり、私の携帯に○○○○○(名前)と打ち込んでくれました。数学の難問や、すんごい難しい詰将棋を解いたときと同じようなスッキリとした気分を味わいました。この出来事のせいではないでしょうが、今日1日非常に体調が思わしくなかったです。

業務連絡 某東京都知事さんとtsubaさん、私14日厳しいんですけど・・・
  1. 2012/03/10(土) 00:25:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

初手5六歩さんと共に絹ごし先生にお会いしてきた帰りに、駅で電車を待っていた時の事です。不意に肩に手をぽんと置かれ、「久しぶりだねえ」と言われました。何奴?と振り返ると、ボブの親戚みたいな髪型をしてる見覚えがある小柄な女性がいらっしゃいます。隣には人のよさそうなスポーツマンっぽい男性。両方年齢はとう歩と同じ位です。
男性の方はすぐにとう歩の旧友の中村(仮)君だと分かりましたが、女性の方は名前も以前どこで会ったのかも思い出せません。向こうが覚えているのに、「ちょっと名前が・・・」と言うのも悪い気がしたので、選択肢(ポケモン風)たたかう(?)・どうぐ・にげるの中からたたかうを選択。冗談めかして「あっ久しぶり。中村君と・・・失礼どちら様ですか?w」と言って向こうから名前を言ってくるのを期待して反応を窺いました。ボブ氏「アハハハハw」  とう歩「はははは」・・・・・・・・・・・・・・・
とう歩(名前言えよ!)
ボブにはこうかはないようだ
作戦失敗。てかこれのせいで今更聞けなくなりました。仕方がないので話しながら思い出していく作戦に切り替えました。(たたかうを選択。)とう歩「どうしたの今日は?」 中村「ん、俺は田中慎弥の本を有隣堂で買ってきた帰り。で、有隣堂にこいつ←(とう歩心の中で舌打ち)も居たから。 とう歩「ああ、『共喰い』でしょ、おもろかったよ。―しばし3人(約1名別件で頭フル回転)で本談義―
中村「あ、携帯アドレス変えたってメール送ったっけ?」  とう歩「きたきた(それだ!→どうぐを選択)。」
とう歩「(ボブ氏に向かい)そういえばアドレス交換してたっけ?」 ボブ氏「してるよー(とう歩心の中で舌打ち)」 とう歩「ああー←(この間に頭フル回転)あそう。(携帯いじる振り)あれ、おかしいな、、間違えて消しちゃったかも。悪いんだけどもっかいお願いします(もらった。こうかはばつぐんだ!)  ボブ氏「今持ってきてないから帰ってからそっち送るね。」 ・・・とう歩「あー分かった(くっそぉぉ!)」
このあたりで電車が到着。たたかう・どうぐの2つが潰され妙な疲労感と敗北感に見舞われたとう歩は名前を聞き出すことを諦め、「ちょっとお手洗い逝ってくるからここで・・・」と最後の選択肢にげるを選択・・・
中村「次ので行きゃいいから待ってるわ。」 ボブ氏「うん」
にげられない!
とう歩「いやそれは悪いからさ・・・」 にげる 中村「どーせ時間あるし」
にげられない!
とう歩「いやぁでも・・・」        にげる ボブ氏「まーまー(近くのベンチへ)
にげられない!
とう歩「あっそう・・・悪いっすね・・・(多分凄い引きつった笑い)」投了したい・・・
なんか長いな・・・今度書きます・・・
  1. 2012/03/08(木) 22:52:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

力関係 とう歩<<<<<<<後輩達・・・あれ、目から汗が。

明日はOBとして将棋部の活動に顔を出す予定。怖い後輩達にしごかれてきます。
  1. 2012/03/06(火) 22:18:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

おいそこ、携帯見ながら自転車乗るんじゃない

例によって書くことがないので、とう歩が日常でイラッときた体験を挙げていこうと思います。一つくらいは共感できるものがあるのではないでしょうか
・雷が鳴り響いた時の一部の女性の「きゃあああああああ!!」(あんたらのほうが怖いわ)
・エレベータに猛ダッシュで駆け込んできた人の押したボタンが次の階(そのままの勢いで行ったほうが・・・)
・エレベーターの開ボタンを押しながら「あらやだ、ちょっとBさんじゃない?お久しぶりねえ~」と挨拶しはじめるオバタリアンA
・「あら本当お久しぶり~(何故か両手を振る)知ってる?この間ね・・・と周囲の目を気にせずくっちゃべり始めるオバタリアンB
・物真似番組とかでのご本人登場の際のリアクション(知ってるんでしょ)
・将棋道場に1人は居る、強い人と指さず小っちゃい子相手にえばる三段位のおっさん(半年もしたら上達したその子にズタズタにされる運命にある)
・なんかの角に足の小指ぶつけた時の痛さ(仏陀様でも涙目になると思う)
・某東京都知事(無理)
・カーっっっペっ(びちゃっ)
とか。腹の立つ人とか事とかって結構ありますね。我慢して生きていきましょう。
  1. 2012/03/04(日) 22:56:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

将棋会館に突撃しました

将棋会館
今日、所用で千駄ヶ谷の東京将棋会館に行ってきました。1時間くらいでさっさと用を済ませて、1階の売店を覗くと、三浦八段が本を物色しておりました。昨日A級順位戦の最終局を終えたばかりだというのに、将棋に対する姿勢が違いますな。稲葉五段の横歩取りの本と久保二冠の振り飛車戦略の本を買われていました。        時間が空いたので2階の将棋道場へ。あと1局で帰るか、というところで研修会員の子と手合いが付きました。とう歩が先手となり、どういう展開にしようか考えました。若い子(たいして年は違わないはずなんだけどな)は研究熱心なので、最新形になると不勉強なとう歩が不利。よって7六歩3四歩7五歩4二玉2六歩、と変態将棋に引きずり込みました(棋譜は掲示板)。結果は幸いして8連勝で気分よく帰路へ。次行くときはぼっちだと虚しいので誰か行きませんか?

あと、とう歩が今大流行のゴキゲン中飛車戦法対策に考えた独自の戦法を掲示板にあげときます。ご意見お願いします。

  1. 2012/03/03(土) 22:14:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

将棋ひすとりーその1(不定期)

卒業式が終わり、またあと1か月位引きこもり生活が続きます。書くこともないので、とりあえず将棋ヒストリーでも書きます。資料とか見ながらやるのはちょっとメンドイので、私の記憶で書きますが、間違ってる箇所があったら御指摘下さい
まず、将棋の起源は、古代インドのチャトランガというゲームがあちこちに伝わり、西洋辺りに伝わったのがチェス、朝鮮辺りがチャンギ、日本が将棋に変化しました(中国はシャンチーだった気がします)。最初の将棋は駒の数が死ぬほど多くてとった駒が使えないとか、飛車と角がないとか現在と違ったルールでしたが、徐々に改良されて現在のルールになったのが平安時代位だと言われています。
時は流れて、1612年に幕府は本因坊算砂、大橋宗桂をそれぞれ囲碁、将棋の家元として俸禄を支給します。現在の囲碁棋士、将棋棋士のはしりみたいなものですね。ちなみに、囲碁の算砂は将棋も強く、宗桂より強かったと言われています。
宗桂は、家元として名人の称号を手に入れ、第一世名人となりました。この名人の称号は現在の名人戦に残っていて、存命の棋士では引退棋士で中原誠一六世名人、現役棋士で谷川浩司一七世、森内俊之一八世(現在名人のタイトルを保持)、羽生善治一九世名人(今のところ二十世ナシ)がいらっしゃいます。400年たって19人しか名人いねえの?と思われるかもしれませんが、それは疲れたので今度で。
  1. 2012/03/02(金) 00:17:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

あまの とう歩

Author:あまの とう歩
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)

カウンター

FC2掲示板

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。