FC2ブログ

とう歩日記

日々のこと、将棋のこと、猫のことなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

将棋ひすとりーその1(不定期)

卒業式が終わり、またあと1か月位引きこもり生活が続きます。書くこともないので、とりあえず将棋ヒストリーでも書きます。資料とか見ながらやるのはちょっとメンドイので、私の記憶で書きますが、間違ってる箇所があったら御指摘下さい
まず、将棋の起源は、古代インドのチャトランガというゲームがあちこちに伝わり、西洋辺りに伝わったのがチェス、朝鮮辺りがチャンギ、日本が将棋に変化しました(中国はシャンチーだった気がします)。最初の将棋は駒の数が死ぬほど多くてとった駒が使えないとか、飛車と角がないとか現在と違ったルールでしたが、徐々に改良されて現在のルールになったのが平安時代位だと言われています。
時は流れて、1612年に幕府は本因坊算砂、大橋宗桂をそれぞれ囲碁、将棋の家元として俸禄を支給します。現在の囲碁棋士、将棋棋士のはしりみたいなものですね。ちなみに、囲碁の算砂は将棋も強く、宗桂より強かったと言われています。
宗桂は、家元として名人の称号を手に入れ、第一世名人となりました。この名人の称号は現在の名人戦に残っていて、存命の棋士では引退棋士で中原誠一六世名人、現役棋士で谷川浩司一七世、森内俊之一八世(現在名人のタイトルを保持)、羽生善治一九世名人(今のところ二十世ナシ)がいらっしゃいます。400年たって19人しか名人いねえの?と思われるかもしれませんが、それは疲れたので今度で。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/02(金) 00:17:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<将棋会館に突撃しました | ホーム | リコーダー掃除の棒、6年間無くさなかった人尊敬します>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anaguma29.blog.fc2.com/tb.php/7-11da978a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あまの とう歩

Author:あまの とう歩
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)

カウンター

FC2掲示板

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。